会社概要

商号

リンツリサーチエンジニアリング株式会社

代表者

代表取締役社長 小松 隆

設立

2010年1月12日

資本金

300万円

本社所在地

〒323-0807
栃木県小山市城東4丁目9番38
電話 0285-25-6656

取引銀行

三井住友銀行 小山支店
栃木銀行 小山東支店

主な事業内容

1.自動車車体の研究開発、設計、試作、生産技術等に関するコンサルティング
2.自動車車体の開発、設計
3.技術者の人財育成、研修業務、教材の販売

沿革

2010年1月

栃木県小山市にリンツリサーチエンジニアリング株式会社を設立
自動車製品の企画、研究開発、製造等に関する開発受託および技術コンサルティング業務等を開始

2010年

代表取締役小松隆 慶應義塾大学 大学院 政策・メディア研究科特別研究教授

2010年

株式会社SIM-Driveと開発業務委託契約
(先行開発車第1号車事業におけるボディー開発統括および設計業務他)

2011年

株式会社SIM-Driveと開発業務委託契約
(先行開発車第2号車事業におけるボディー開発統括および設計業務他)

2011年

代表取締役小松隆 慶應義塾大学 大学院 政策・メディア研究科特任教授

2012年

自動車車体部品等鋼管成形製造装置等に関する特許取得

2012年

株式会社SIM-Driveと開発業務委託契約
(先行開発車第3号車事業におけるボディー開発統括および設計業務他)

2012年

財団法人石川県産業創出支援機構
戦略的基盤技術高度化支援事業に係る研究開発委員会よりアドバイザーを委嘱

東京都出身

1976年

株式会社本田技術研究所 入社
乗用車車体の研究開発、設計
開発プロジェクトリーダー
チーフエンジニア

1995年

ホンダ系車体部品サプライヤーに転籍
取締役 部品事業本部副本部長
常務取締役 開発本部長

2010年

リンツリサーチエンジニアリング株式会社 設立

2010年

慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科 特別研究教授

2011年

同大学院 特任教授

社長メッセージ

当社は2010年の設立後、自動車の車体を中心にした技術コンサルティングや電気自動車の開発設計業務も受託するなどお客様の高度なご要求に対して「開発からものづくり現場」までを基本に新しい技術テーマにもチャレンジしてまいりました。

また当社が発案(2012年特許取得)した「フランジ付き熱間ガスブロー成形」は鋼管のみならずアルミやCFRPパイプへの応用も独自に研究開発を進めております。これは将来の自動運転や自動車の電動化など新しいモビリティ分野で活躍する車両構造の開発にも繋がるものであります。

世界に目を向けると、各国でCO2排出規制や燃費規制の具体的な目標値が示されるなか、これからは確実にガソリンエンジンからハイブリッド、さらには電気自動車、燃料電池車、自動運転車へと車が大きく変わろうとしています。

自動車の部品や機能も変化しつつあり、従来から進めてきた軽量化や効率化といった基本的技術も、材料面ではスチールだけではなく非鉄金属、樹脂、CFRPなどを加えた材料選定技術、構造面ではマルチマテリアル化に伴う構造設計技術や接合技術など、今までにない視点に立った高度な開発ポテンシャルが求められるようになりました。

長く続く際限のないコスト競争で徐々に体力を失っていくのか、それとも将来を的確に見通して新しい技術や新しい商品開発を他社に先駆けて進めていくのか、選択をしなければならない時期でもあります。

まさに自動車産業にとっては‘100年に1度’の大きな変革を迎える中で、小さな企業であっても、先行する技術と価格競争力そして有能な人財を育てていくことによって大きなビジネスチャンスが生まれます。そして大企業だけではなく中小企業も元気になることが自動車に限らず、日本を新しい豊かな産業の国へ再生する大切なカギだと確信いたします。

最近の記事

  1. 登録されている記事はございません。

最近の記事

  1. 登録されている記事はございません。

カテゴリー

  • カテゴリーなし